結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

結婚式を親族のみで行う時に準備で大事なこと

2017年04月10日 12時24分

親族のみの結婚式の準備は簡単でしょう。
日程が決まれば、招待状の送付などはせず、電話連絡だけでOKでしょうし、楽しませるための演出なども基本的にはないことがほとんどです。

第一披露宴の形ではなく、食事会にするのなら、その手配だけよく、後は自分たちの衣装や段取りを会場と話すだけ。
1~2回の打ち合わせで終わってしまうこともあり、準備期間も1ヶ月もあれば十分です。

そんな情報をきいたある2人。
家族婚と決めていて、ハナユメサイトなどで結婚式場を検索していたところ、意外な発見をしました。
それは、結婚式場では、◯月までの期間に予約を入れた方は割引があるということでした。

結婚式の割引?
正確には披露宴の内容や料理が安くなるということですが、自分たちの親族のみの結婚式であっても、この割引を使わない手はないと思い、両親とも相談。

親族のみの結婚式でも、挙式と食事会がセットになった家族ウェディングがほとんどです。
食事会が結婚式場であったり、ホテル、レストランウエディングとなるのですが、ハナユメサイトではさまざまな会場がありました。
よく見ていると、なかなかの内容ですが、サロンで勧められたのが、ブライダルフェアの参加です。

そこで実際に会場に行き、説明を聞いて、料理を試食(これはとても大切)して比較をすることです。
両親や親戚には、いつ結婚式をするではなく、多分突然決まるからとだけ伝えて、あちこちの会場を見て歩き、ハナユメサイトで約半額の割引きのある結婚式場での親族のみの家族ウェディングを挙げたというのです。

準備期間が少ないため、限定割引ですぐに予約をして、親族に出欠を聞いたそうです。
親族もなんとなくそわそわしながら待っていたということですが、この2人が割引にこだわったのは安くなった分、料理と引き出物のグレードを上げることでした。
自分たちの結婚式で、料理がとても美味しかった、良い引き出物でありがとうという言葉が欲しかったということです。

安いままでも十分なのですが、割引を使うことができれば、自分たちの負担も最小限度にすることができます。
準備期間がない分、即決もできますし。
親族のみの結婚式ならではの行動ができたということですが、中には普通の披露宴と同様の演出をする方も増えているようです。
結婚式 親族のみ