結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

親族のみの結婚式は誰が進行するの?

2017年04月10日 18時00分

家族婚で困ってしまうのが進行です。
少人数ウェディングの場合、親族のみですとただの食事会になりがちです。
なんとなく食べて終わりではあまりにも味気がないことです。

かと言って、演出などは恥ずかしいし、そこまではしたくないのが本音です。
しかし、ここは、親族のみしかいないのにしても、新郎新婦の入退場やウェディングケーキ入刀などができるウェディングプランがオススメです。
会場も披露宴っぽいものにしてもらうことで、空気感も変わってきます。

進行では、プロの司会を依頼することができます。
事前にどのような会にしたいかを伝えることで、面白くも感動的にも行うことができますが、この内容は、それぞれの親族の様子から考えましょう。
大きな披露宴でゲストの一員としての参加ではなく、少人数ウェディングの場合は、一人ひとりの顔が見える会です。

では司会を立てないということになると、新郎や親戚の一人が行うことになりますが、そのような適人がいれば迷わず依頼しましょう。
新郎や新婦の兄弟姉妹などでも、うまく進行してもらうことでスムーズに進みます。

ここで他人の司会が入らないほうが良いと考える方もいます。
確かに、選択は自由です。
なんとなく他人がいることで緊張はするのですが、相手の親族にしてみれば、こちらの親族は皆最初は他人です。
そう考えると、司会などで他人がいても、それで盛り上がるのではあればあまり問題はないといえます。
実際、楽しければ後はよしという雰囲気です。

会食が始まるときで砕けた感じになるのが理想です。
うまく雰囲気を持っていくには、進行役がいて、無理にでも話題を放り投げるのもありですし、ゲームを取り入れるのもありです。
披露宴でもビンゴゲームなどは意外に楽しめます。
ビンゴになった方に自己紹介をお願いする、全員が発言できるようにしてしまうなど、アイデアはいろいろです。

新婦のお色直しというのもありで、その間に余興があったり、両親への花束贈呈やサプライズプレゼントなどの用意など、進行の内容を考えていくと、盛り上がります。
結婚式 親族のみ