結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

親族のみで結婚式を挙げる時に、新郎新婦が気をつけること

2017年04月10日 11時51分

結婚式は新郎新婦が作り出すものです。
しかし、本人たちの要望だけではなく、親孝行のために行う場合も多いです。
結婚式なんかしなくても良いと言う方も多いですが、一応家族だけにはお披露目をしたいとか、親族だけを呼んで形だけでも結婚式をしなくちゃという新郎新婦もいます。

どうせ行うのなら、いやいやなのではなく、ブライダルサロンなどに相談をしてみてください。
このようなところで、高いブランを押し付けられるのではなく、必ずどんな形にしたいですか?と聞かれることが多いです。
もちろんそこには予算に関連してくるのですが、ハナユメサイト、ぐるなびウェディングなどは最初からリーズナブルウェディングの提案が多いですから、自分たちがやりたいプランを相談し、見つけることができます。

大人数の披露宴の場合、ご祝儀支払いができることを考慮すると、高いと思われるプランでも、最終的には格安にできるケースも多いです。
しかし、親族のみの食事会となると、料理と引き出物だけでも、高上りになってしまう事も考えられます。
要するに、手出しが多くなってしまうということです。

ですから、簡単にホテルなどで提案される家族婚などにしても、それほどお得感がなく、高級な雰囲気で、無難な食事会で終わってしまう事も多々あります。
ところが、自分たちで企画をしたり、ブライダルサロンの提案、ブライダルフェアなどに出かけていくことで、新しい発見が結構あることに気が付きます。

新郎新婦だけで考えている以上にあんなことこんなことができたり、それがそれほど大変ではなく、両親に素敵なプレゼントとして贈る事ができる内容になっていることもあります。
本当は、新郎新婦がびっくりという内容も良いのですが、新郎新婦から両親への感謝を込めたウェディングにするのも、親族のみの結婚式の醍醐味です。

ある新郎新婦では、オープニングムービーなどを駆使して、披露宴さながらの親族のみの食事会を行ったようです。
司会者も在籍して、親族全員が主役になってしまう和やかで充実した結婚式ができたそうです。
そして、このような式のあと、両家の親族たちが仲良くなっていった、そんな口コミもあることから、親族全員巻き込んでの結婚式にしてしまうのもありです。
結婚式 親族のみ