結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

挙式のみ節約

2017年10月20日 19時08分

挙式だけでも結構料金がかかる?

普通結婚式というと、挙式と披露宴です。
挙式は、神前式、教会式、仏前式、人前式があります。
挙式自体にはたくさん費用はかからないのですが、しなくても良いと考えている方、費用は節約したい方も多いです。
 

挙式料10万円ポッキリの嘘

格安結婚式などで、10万円の挙式料とか、これ以上かかりませんというプランがあります。
安いとされる共済組合、県民共済などの挙式料でも、よく見ると10万円~となっていることがほとんどです。
実際に打ち合わせに行くと、新婦はきっと目移りすることでしょう。

目玉商品として安い価格の宣伝では、本当の最低料金です。
特に、衣装の点では、妥協しない方が良いです。
数万円足すと、こんなに違う?という品質の差が際立ちます。
正確には嘘ではないのですが、様々な追加料金が存在していて、そんなに甘くないというのが現状です。

例えば、教会式の挙式料でもオルガニスト、聖歌隊、キャンドル、介添料、メモリアルプレートなどの小物が入ります。
そして、写真代やアルバム代は別料金になっていたりすると、本当の挙式料とは言えない場合があります。
ある口コミでは、提示された挙式料は20万円でした。

しかし、ウェディングドレスがその日には調達できないとか、メモリアルプレートももう少しなんとかならないかと交渉したら、料金がつり上がってくことに。
装花の有無も季節によって、花代が違うなどのトラブルにあい、結局は倍以上もかかってしまったとのこと。
案外と、安すぎる挙式料に飛びつくのは危険という方も多いです。
 

こんなことなら少人数プランの方が得かも?

結婚式場では、挙式とともに食事会を開催する少人数結婚式で、挙式料が安くすることができます。
挙式だけで写真撮影ではなく、親族のみの食事会などをすることで、多少準備期間はかかりますが、そうして挨拶を兼ねた披露宴を行うことで、挙式料プラスアルファの料金で、立派な結婚式ができることがあります。

いやいや、2人だけの挙式で十分という方にとってみれば、挨拶状や招待状の発送や準備は面倒のようですが、実際には短期間での準備も可能で、スタートしてみると、少人数ウェディングで、演出があまりない場合ですと、打ち合わせも数回で済む内容です。
 

挙式だけを安くだったのに、結婚式になっちゃった

結婚式場だけではなく、人前式を前提としたレストランウェディング、チャペル併設の話題のレストランなどもあり、予算に応じたプランがあります。
挙式は、人前式を選択することで、その幅が広がります。
親族のみの食事会での人前式ですと、挙式料などはほとんどかからない内容になります。

何を削っても良いのか?なくても良いものはあるけれど、妥協したくない点をどういかすか?そして、予算配分などをしっかり考えてみて下さい。
面倒だから、2人で役所にいって、婚姻届けしてから美味しいご飯で乾杯。
これでも挙式の形なのですが。
結婚式 親族のみ