結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

結婚式は親族のみ。小人数ウェディングのプランを利用したい

2017年04月10日 12時24分

結婚式プランは、基本的に人数によって変わります。
ちなみに2人だけの挙式の場合は、食事会とすることが多いでしょう。
食事付き挙式と言った形になります。
これが、両家の両親や兄弟姉妹が増えることで、少人数ウェディングになります。

挙式後、普通に食事会というのなら、新郎新婦も着替えてしまって平服のパターンもありますが、最近の少人数ウェディングでは、食事会の会場もそれらしいレイアウトで、新郎新婦も衣装のままが多いです。
流石にお色直しはない方が多いですが、希望とあればお色直しにも対応しています。
プチ披露宴的な内容もある少人数ウェディングはちょっとした人気です。

親族のみと言っても、両家の親戚が多い場合は、単なる食事会では好きないこともあります。
叔父叔母、従兄弟まで広げると50人程度になってしまうこともありますが、それでもゲストではなく親族のみであれば、気心が知れたと言うか余計な演出も必要なく、和やかな感じになることでしょう。

食事会ウェディングでは、挙式スタイルから入りますが、チャペルがある結婚式場では、チャペルから食事会ですし、人前式もOKです。
レストランウエディングでも、最近ではチャペルがあるところもありますし、ハウスウェディングでは貸切も可能です。
人数に合わせての内容になりますが、どんなところでどんな風に結婚式をするか。
親族のみとはいえ、考えたいところです。

少人数ウェディングのメリットと言えば、新郎新婦と近い位置にいることができます。
広い披露宴会場で、新郎新婦は遠いのではなく、ともに会食をしている実感を味わうことができます。
それも親族のみということであれば、親密度も深くなります。

この少人数ウェディングでは、義理の関係になる方との交流の場としても最適です。
相手の両親と兄弟姉妹とはこれからも会う機会は多いですが、その他の親戚との会話も十二分に楽しむ事ができます。
結婚式のこの日の対応がとても大切で後の親戚関係にも大きな影響を与えます。
自分たちの結婚式は、大きな披露宴も良いですが、少人数ウェディングで親族のみだけで行うというのは、呼ばれた方としては嬉しいのではないかと思われます。
結婚式 親族のみ