結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

結婚式は親族のみだけどウェディングドレスはこだわりたい

2017年04月10日 12時09分

結婚式は新郎新婦が不必要と思えばしなくても良いのです。
ただ、これから両家が親戚関係を結ぶ上で、挙式をした方が良いことも多いのです。
これは経験者なら大体の方が言うことですが、大規模な披露宴ではなくても良いですが、親族のみの食事会だけでも開催しておくと、後で後悔することがないのです。

結婚は新郎新婦だけのものではなく、両家の一大イベントです。
そして、親族はこの結婚式でしか顔を合わせる機会がないこともあります。
両親と兄弟姉妹はこれから何度か会うこともありますが、その他の親族に関しては、◯◯が結婚したけれど、相手は見たこともないなんて言うこともあるのです。
一応、はじめましてと自分の結婚相手を紹介する意味においても、結婚式か食事会の開催は考えましょう。

互いの都合も考えて食事会程度の小さな会であっても、ブライダルサロンなどの情報を参考に、ウェディングプランを考えましょう。
食事会と言っても近所のレストランなどで簡単に済ますのではなく、ウェディングドレスを着用しての食事会、挙式とセットになったウェディングプランなどを提案したいです。

これも経験者の話ですが、最初は何も考えていなかったのですが、プランの話しを聞いていると、やるのならきちんとやったほうが良いし、結婚式らしい演出も取り入れることで、自分たちの思い出になることがわかったというのです。
ただ食べるだけの食事会ではなく、レストラン貸切、ホテルの少人数ウェディングプラン、家族婚などがあります。

後に残る一同の写真を見て、やって良かったと思う方がとても多いようで、少し予算はかかったとしても、自分たちの結婚の証としても親族のみの食事会ではなく、結婚式はやった方が良いといえるでしょう。
ゲストがいない分準備することもなくも短期間の打ち合わせでできます。
思ったよリもスムーズにことが運びますし、新婦はやっぱりウェディングドレスが着れて良かったと思いますし、新郎は男が上がったと言います。

自分の親族の手前、相手の親族のためにも、ウェディングの要素をふんだんに取り入れた親族飲みの食事会の開催で、自分たちの結婚をアピールしましょう。
一番うれしいのは両親かもしれません。
それがととも大きな親孝行にもなることでしょう。
結婚式 親族のみ