結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

結婚式を親族のみにしてプラン価格を抑えたい

2017年04月10日 12時10分

結婚式のプラン価格は、種類が豊富です。
会場レベルである程度は決まってしまいます。

提供するブランなどでは、その会場での標準的な料金になっていますが、料理のグレードを上げたり下げたり、ドレスの質を上げたり下げたりでも内容が変わってきます。
ちなみにドレスですが、ピンきりの世界で、チープなものから最高級品と言ったら、雲泥以上の差があります。
演出一つにしても、細かく料金がかかるものもあります。

最近流行りの格安結婚式などでは、マージンを抑えたり、限定割引などで、高いグレードでもお安く提供することができます。
それを利用する方も増えています。

親族のみの結婚式であっても、プラン価格の違いは大きいです。
基本的に高くつくのは料理になります。
見栄も当然ありますから、そんなに安いものは出したくないでしょう。
そうなると、費用はかかりますが、後悔はないでしょう。

費用で言うと、ご祝儀の親族の相場はゲストよりも高いです。
しかし、夫婦で出席、子どもたちの分など、事情はいろいろです。
ある程度の料理のグレードを上げたとしても損はしないことも考えられますが、その地域や場所によって違います。
ですから、親族のみの少人数のブラン価格が少し高いとしても、実質手出しの部分はそれほど大きくないともいえます。
一応平均的な数字で言うと、挙式込みの親族のみの少人数プランは10名50~70万円前後とされていますが。格安結婚式の場合は、グレードは下がりますが30万円台のプラン価格もあります。

本当にプラン価格に関しては、何を重視するかによって価格は大きく変えることができます。
そして、グレードを保ちたい場合は、限定割引があるハナユメサイトなどでお得になりますが、親族のみの少人数プランについてはあまり豊富な割引はないかもしれません。

少人数ウェディングと言えば最小2名からのプランがあります。
2名で挙式、その後場所を変えてのレストランウエディングなどでも、料金に差が出ます。
ハナユメサイトなどでは、具体的なプラン価格の紹介と自分たちのプラン提案もできます。
これしかかけられないという金額があれば、プランナーとともに内容を決めることもできます。
親族のみの小さな結婚式の場合、料理のグレードは保ちたい方が多いようです。
 
結婚式 親族のみ
結婚式 親族のみ