結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

結婚式を親族のみで挙げるメリットは予算が少なくて済むこと!

2017年04月10日 18時00分

親族のみの少人数ウェディングのメリットは予算が少なくて済むことです。
だから行うと言っても良いほど低予算での結婚式が可能です。

挙式だけ、あとは食事であれば、1人1万円程度であれば10人で10万円という計算ができます。
少し極端な感じですが、各結婚式場やホテルの少人数ウェディングプランは確認してみてください。

新郎新婦の衣装や演出など考慮して、1人12,000円の料理で20名で40~50万円というのが一般的です。
50万円だとしても、ご祝儀で計算したとしたら、手出しは20万円あるかないかです。
高すぎる?ことはなく、これ以下ですと、格安結婚式の部類に入ります。
費用に関しては、どこまでするかによります。
ウェディングドレスもなし、ただの食事会であれば、もっと安くなります。

格安結婚式と言われる中でも。プランナーが手出しゼロできるよう考慮をしてくれる場合もありますし、ハナユメサイト、小さな結婚式、スマ婚など、少人数ウェディングを安く上げる方法はいくらでも見つかります。
親族のみの結婚式を挙げるなった場合、両親等の援助も必ず聞いてみましょう。

結婚式の前に結納などがありますが、費用に関してはここからがスタートです。
後にわだかまりを作らないため、結納なし、新婦の用意なし、両親の援助なしであれば、新郎新婦だけで決めることができます。
しかし、結納などから負担がある場合には、結婚式そのものの負担割合も変わってきます。

普通の結婚式の披露宴の費用相場300万円程度と言われています。
それを考えると、少人数ウェディングの場合は手出したとしても30万円とされていますが、どちらがどの程度出すかなどは、必ず納得してもらうことが必要です。
それぞれの金銭感覚も関係しますから、できれば両親援助なしが理想でしょう。

それでも親にしてみれば、子供の結婚式には口もても出したい方も多いです。
親族のみの結婚式の場合見えを張りたい場合もあり、予算のことについては、よく話し合うことが必要でしょう。
 
結婚式 親族のみ
結婚式 親族のみ