結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

結婚式を親族のみで行うカップルの割合は以外に多い

2017年04月11日 12時20分

結婚式のデータでは、全国的平均の結婚披露宴は70人前後で300万円程度と言われています。
一方、結婚式をしないカップルの割合は全体の2割程度です。

役所に届け出しただけ、写真だけを撮影したというものです。
300万円の披露宴ではなく、親族のみの少人数ウェディングスタイルで結婚式をした方は結婚式をした方全体の3割程度の割合と言われています。

少人数ウェディングでは、最小は6人ですが、兄弟姉妹で15人前後、親族も入れると30~40人程度です。
内容は食事会だけ、披露宴らしいものなどいろいろですが、少人数ウェディングの平均は50~70万円程度になっています。

また、披露宴ではなく結婚パーティーとしてお披露目をする場合もあります。
少人数ウェディングの中には、挙式は海外で、披露宴を国内で友人を呼んでパーティーをしたり、挙式は親族のみで後日パーティーを行うケースもあります。
パーティーでは、基本的に会費制で行うことが多く、料理分プラスアルファを会費として徴収するパターンが多いです。

ということで、親族のみの結婚式の割合は、全体の3割ということですが、これにはさまざまなことが見えてきます。
地域的にも変わるのですが、年齢が少し上で、今さら披露宴ではない、マタニティ婚、再婚などの事情があるようです。

ホテルや結婚式場でもそのようなことを踏まえて、ウェディングプランは多種多様です。
少人数ウェディングであったとしても、きっちりと披露宴さながらの内容であったり、格安結婚式のためにプロデュース会社が会場を抑えて、安く挙式ができることもあります。
また、結婚式場では、空いている日を割引価格が提供したりとあの手この手で集客を狙っています。

今の日本では、結婚しないカップルも多く、今さら結婚式もないでしょという流れもありますが、魅力ある結婚式の提供を宣伝することで、ブライダル業界もいろいろと作戦を練っています。

親族のみの結婚式に関しては、披露宴という駄々的なものではなく、顔合わせ食事会として、この日を境に親戚同士になるためのものですから、せめて集まって会食だけでもしてほしいものです。

少人数ウェディングではプランを利用した方がお得な内容になっていることが多いので、プロデュース会社、ブライダルサロン、ブライダルサイトなどを参考にしてみてください。
 
結婚式 親族のみ
結婚式 親族のみ