結婚式を親族のみで挙げる。最近のブライダルプランでは、親族のみであったとしても、単なる食事会ではなく、少ない人数なりの食事会ブライダルプランが次々と登場しています。得ナビウェディング、ハナユメサイト、楽天ウェディングなど、ブライダルサイトでは、親族のみの結婚式プランが数多く掲載されています

結婚式を親族のみで行う【食事会のみの少人数挙式から】人数に応じた披露宴・挙式会場を探す

結婚式 親族のみ

親族のみでも結婚式として流れは大事

2017年04月11日 12時20分

少人数ウェディングの場合、流れは自由設定です。
何をするかについては、基本的に新郎新婦が全て決めることになります。
単なる食事会で十分というのであれば、それでも良く、披露宴っぽい演出がほしいときには、それなりの準備の必要があります。

ウェディングプランの中には、少人数であったとしても、披露宴で行うウェディングケーキ入刀やムービー披露、サプライズプレゼントなど盛りだくさんの内容のものもあります。
もちろんそれだけ費用もかかることですが、金額は会場によって上下します。
司会をおいて、企画を次々に行う流れもありますし、最初と最後の挨拶を新郎と新郎の父親が仕切って、あとはなんとなく食事だけの場合もあり多種多様です。

ただし、何もしないのはつまらないというのも本音のようですが、親族の顔ぶれなどで企画を考えても良いでしょう。
新郎新婦の入場、お色直しもするカップルもいますし、やりたいことがあれば、事前の打ち合わせも必要になりますが、規模が小さいことで、準備期間もそれほど必要ないかもしれません。

また、親族のなかに“役者”がいたり、何かを披露してもらう時間などもあっても良いかもしれません。
流れを考えるときに、したいこと、できることなどを考えてみるのも良いでしょう。
はっきり言って、全てが白紙であり、すく気なようにできるのも少人数ウェディングのメリットでありデメリットです。

恥ずかしがり屋の私達だから、何もしないでレストランの美味しい料理で終わっちゃったなんて言うこともありますが、親族に相手をお披露目できたら良しとするカップルもいます。
また、披露宴さながらの流れで、最後のムービーでみんなを泣かせたという内容もあります。
結婚式前後の挨拶と両親への感謝の言葉だけがあれば、十分に感動的な式になるのは間違いないのですが、2人の個性が光る結婚式に仕上げてください。
プランナーなどにも相談をしてみて、どんなことをしてみたら良いかを気いてみるのも良いです。
“せっかくだから”そんな言葉に後押しされて、いろいろやっちゃったという方もいますが、それで楽しい結婚式になったのなら大成功です。
 
結婚式 親族のみ
結婚式 親族のみ